*

ワキガにラヴィリン(ラビリン)クリームは効果があるの?

ラヴィリン(ラビリン)アンダーアームクリームとは

ラヴィリンアンダーアームクリームとは、イスラエルのハヴィン社で開発され、
世界20カ国で販売されているワキ用の消臭クリームなんです。

1週間に1度だけ使用するだけで、ワキの臭いを抑えてくれるという、
持続時間の長さが人気です。
ただ、このクリームは、独特の臭いがしますので、好きな人と、嫌いな人が
います。

配合されている成分は、以下になります。

ワセリン、タルク、酸化亜鉛、バレイショデンプン、オクトキシグリセリン、クエン酸トリイソセチル、
カモミラエキス、ダイズエキス、トウキンセンカエキス、アルニカエキス、トコフェロール、BHT、
クロルフェネシン、EDTA-4Na、香料、シメン-5-オール

配合されている成分の、シメン-5-オールとは、イソプロピルメチルフェノールのことで、
優れた殺菌・除菌力を持っています。
アルミニウムが配合されていないので、アルミニウムにアレルギーのある方でも
使うことができます。

値段が、12.5グラムで、5,600円(販売店によって異なります)前後と少し高いです。

ラヴィリン(ラビリン)クリームの使い方

ラヴィリンクリームは、初めて使う時の注意があります。
今まで、ワキにつけていたクリームやスプレー等の使用を中止して、3日間まちます。
3日間の間は、石鹸などで洗っていただいて大丈夫です。

3日間というのは、毛穴に入り込んでいる、他社のデオドラントが、すっかり出るために
必要な期間だからなんですよ。
3日たったら、ワキをよく洗って、乾かしてから、小豆粒位の量を塗ります。
1週間に1度、このように塗ります。

お肌に合わない場合もありますので、使用前にパッチテストを行ってください。
(腕の目立たないところに10円玉くらいの大きさで、ラヴィリンを塗って、48時間
放置して、肌に異常がないかの様子を見ます)

ラヴィリン(ラビリン)クリームは子供にも使えるのか

ラヴィリン(ラビリン)クリームは、子供用のクリームではないんですね。
思春期から使えるクリームなんです。

ですが、アルコールやアルミニウムが配合されていませんので、パッチテストをして
問題がなければ使えますよ。

子供は、ワキガや臭い対策を面倒くさがりますよね。
ですから、1週間に1度塗るだけの手軽さは、面倒くさがりの子供のワキガ対策に
重宝しますね。

ただ、大人でも、たまに肌に合わない方がいますので、パッチテストを、
必ず行ってから使用することが大事ですね。

ラヴィリン(ラビリン)の評判は?

1週間に一度塗るだけで、ワキガの臭いを抑えてくれるという、ラヴィリン(ラビリン)
ですが、評判を調べてみると、ニオイを抑えてくれる効果は、どうも1週間はもたない
ようです。

夏の汗をたくさんかくときは、1日もたないので、塗り直しが必要です。
冬でも、ほぼ1日もつ程度ですので、常に持ち歩くといいのですが、
どちらかというと、女性がもつのにはいい容器ですが、男性となると、ちょっと
抵抗があるかもしれません。

また、製品の臭いが、ちょっといい匂いとはいえないんですね。
いやなワキガ臭を抑えようとして塗るクリームが、男性の体臭のような香りでは
塗ることを考えてしまいます。

それから、なんといっても値段が高いということですね。
本当に、1週間に1度しか塗らなくても済むのならいいのですが、
毎日塗るとなると、高価な制汗クリームですね。

ラヴィリン(ラビリン)は日本人向きではない?

どうやらラヴィリン(ラビリン)は、日本人には、あまり向いていないようですね。
住んでいる土地の気候の条件も違いますので、肌の状態も違うのでしょう。

なにせ、日本人は、ワキガ体質の人が全体の10%程度しかいないんですね。
これが、白人だと80%程度、黒人に至っては90%と言われています。
これほど、ワキガ体質の人口が違うんですね。

そして、食生活も違います。
食べるものによって、体臭のきつさが違うんでしてね。
肉ばかり食べていると、体臭はきつくなるので、ワキガ体質の方は、肉ばかり
食べないで、栄養のバランスを考えて食事を摂ることも、わきがの消臭対策に
大事なことでしたね。

そして、白人や黒人の方は、わきがの消臭対策として、きつい匂いの香水などを
使うこともあるようですが、日本人は、ワキガ臭をきつい匂いでごまかそうとすると
かえって変な臭いになってしまうので、無香料の制汗クリームを使うんですよね。

日本人が使っている制汗クリーム

それでは、日本人は、どんな方法で消臭対策をしているのでしょうか。
発する匂いの程度によって、制汗剤が違います。

制汗スプレー、ロールオンタイプのデオドラント、制汗クリーム、など様々です。
ワキガ体質の方は、スプレータイプやロールオンタイプのもは、なかなか臭いを
抑えてくれないんですね。

そこで、国産の制汗クリームを使って臭いを抑えるんですね。
さすがに1週間に1度だけ塗れば、汗と臭いを抑えてくれるという製品は、今のところ
出ていないようです。
朝と晩の1日2回塗る制汗クリームを使っている方が多いかと思います。

ミョウバン水を使う方もいますが、ワキガ体質の方は、どうしても濃度が濃いものを
使わないと、効果が得られない場合がおおいんですね。
そうすると、お肌が突っ張ってしまったり、赤くなってしまったりする場合があります。

塩化アルミニウムが配合されている場合も、同様なことが起きることがあります。
また、金属アレルギーの方でしたら、使えないですよね。
それに、汗をかくたびに、しょっちゅう塗らなければならない制汗剤だと、
スポーツの試合中や、仕事でその場を離れられないという時に困りますよね。

そこで、肌に優しく、効果が長続きする制汗クリームを使うんですね。

まず、ワキガ臭を抑えるには、ワキガ体質の方のみがもつ、皮膚の常在菌である
コリネバクテリウムの増殖を抑えることが必要なんです。
そこで、多くの人気の制汗クリームは、イソプロピルメチルフェノールという成分が
配合されています。

イソプロピルメチルフェノールには、優れた除菌・殺菌力があります。
日本では、配合する割合をきちんと制限していますので安心ですね。
それほど、強い除菌・殺菌力がある成分なんですよ。

もう一つ、ワキガの発生を抑えるには、肌の保湿も大切なんですね。
制汗クリームを塗ったことで、肌が乾燥してしまっては、ワキガの発生を
抑えることができないんですよ。

肌は、乾燥させてしまうと、潤いを取り戻そうと、皮脂などを益々分泌するんです。
そうなると、カサカサなのにベタベタな皮膚の状態になってしまいますし、
なんといっても、ワキガの原因菌が大好きな皮脂が餌となり、たくさんの臭いを
発生することになってしまいます。

服に汗が着いた時の黄ばみにも注意点があります

制汗クリームに金属の成分が配合されていると、汗が服についてしまった時の
黄ばみ肩が違います。

金属の成分と汗に含まれている成分が反応して、茶色っぽくなることがあるんですよ。
しっかりと制汗剤を塗って、汗と臭いを抑えたら、服の脇の黄ばみが濃くなってしまった
という方のほとんどが、金属の成分が含まれている制汗剤を使っていたんですね。

ですから、金属の成分が含まれていない制汗クリームを選ぶ必要があるんですよ。

まとめ

●ラヴィリン(ラビリン)は、イスラエル製の制汗クリームで、1週間に1度程度
 塗って、汗と臭いを抑えてくれる
●初めて使用するときは3日間今まで使っていた制汗剤に使用を中止してから
 使う
●子供でもしようは可能だがパッチテストを必ず行うこと
●ラヴィリンは、夏場だと1日数回、冬場でも1日1回のしようが必要
●ワキガの方は日本人にあった制汗クリームを使っている
●服についた脇の黄ばみが濃くなる可能性のある制汗クリームがあるので
 金属の成分が含まれていないものを選ぶとよい

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ganbaruyo
ワキガは専用のクリームやスプレーを使うことだと実感しました

軽度のワキガだったのでなかなか気がつきませんでした 35才主

tyoukusi
わきが・汗かき・加齢臭の三重苦の体質になった私の対策の数々

わきが・汗かき・加齢臭の三重苦 私は40代のIT関連業種

kuensandayo
ワキガ対策は清潔に保ち、過度に気にしない。更にクエン酸も効果あり

最初のワキガ対策は制汗スプレーでした 40代男性会社員です。

kouzyouasedaku
私がやっている汗臭対策の方法はこまめに汗を拭くこと

1日中汗だらけの日々を過ごしていました これは私が20代半ば

ryourininna
今はワキガに効く制汗クリームの消臭力頼みです

最初のワキガ消臭対策はボディーソープでした 現在50歳で飲食

→もっと見る

PAGE TOP ↑